業務連絡的なページ

2015年11月19日

ワンパンマン第7話「至高の弟子」感想

 帰宅部のアニメ面白かったです。やはり後に放送した分のがより楽しめる。どう考えてもさくら先輩が1番ですよ! ギルティジャッジが!


 しばらくは脳内再生が捗るぐらい観たので、そろそろこっちのほうも進めることに。





 緊迫した場面から始まる今回。S級のジェノスも協会から呼び出しを受けて出動します。なんか宇宙からなにかがやってくるようですが・・・どう考えても隕石じゃんそれ。



 協会に着いたジェノスを出迎えるのは「よろしこ」とか若い言葉を操る老人。S級3位のシルバーファングことバングとかいうそうです。
 バングが話すに、今いるZ市の支部の人は本部にいてS級もこの2人以外来てないといいます。やむなく来れないとかからめんどくさい・・・などといった理由で来てないらしい。酷ぇ話だと思ったら、S級が呼び出し食らう時は大抵とんでもなくキツい仕事というのがそうさせちゃうようだ。呼び出しに応じたバングですら今回の仕事はムリとかいってます。


kakunimann (1).jpg


 突如軌道を変えたデッカイ隕石が落ちてくるからなんとかしろ! という内容だといいます。えっと・・・右のデカそうな岩かな? 大きさがちょっと分かんないけど、ヤバそう。とりあえずZ市が滅ぶ程度には大きいらしい。
 さすがのジェノスもヤバそうな反応を示しております。バングも逃げるのを推奨します。ムリゲー臭が出てきてます。
 そんな隕石の話は30分前に市民に知らされるようですが・・・市が滅ぶぐらいならもうちょい早く知らせてやれよ・・・。大パニックのが多分マシだろ(´・ω・`)


kakunimann (2).jpg


 バングはどうすんのかと聞かれて「代々継いだ道場から離れるわけにはいかん」とかいって自分の流派を告げて決めポーズを取りますが、すでにジェノスはそこにいませんでした・・・。字は流水岩砕拳でいいのか?


kakunimann (3).jpg  kakunimann (4).jpg


 市民が逃げようとしていますが、あまりのデカさに諦めムードの様子。ジェノスの見立てでは周辺の街も壊滅するみたいです。隕石の威力にピンとこない僕にはどうにも危機感が伝わりませんが、まぁやっぱもうちょい早めに言っといた方が良かったっぽい感じです。


kakunimann (5).jpg  kakunimann (6).jpg

kakunimann (7).jpg  kakunimann (8).jpg


 多分落下地点に向かっているジェノスは、ここで新兵器を装着します。これでなんとか出来ねーかと思案していると・・・


kakunimann (9).jpg  kakunimann (10).jpg


 増援が。S級7位のボフォイというそうです。そんな彼は「オレ新兵器の実験のために来ただけだし」とジェノスからの協力要請を断り、これも遠隔操作のロボットであると語るのです。典型的な自分優先! 立場的にもクッソ怪しいっすね。
 さらに「本名じゃなくてヒーロー名で呼べよ常識」と、自身をメタルナイトと呼ぶよう注意します。バングはさん付けしろで済ましてたがな・・・。


kakunimann (11).jpg  kakunimann (12).jpg


 そんな会話の間にも隕石が迫ってきてます。ジェノスが迎撃にいい位置に着いた時・・・


kakunimann (13).jpg  kakunimann (14).jpg


 メタルナイトが先に攻撃を仕掛けます。新兵器とかいいながらたくさんのミサイルを撃ち込むだけ・・・ちょっと地味です。しかもこれのせいでジェノスが攻撃出来なくなります。協調性ゼロという役割をいかんなく発揮するメタルナイト。


kakunimann (15).jpg


 地味ではありますが威力は凄かったようで、そんな兵器を運用するメタルナイトをジェノスは警戒します。しかし、隕石破壊ならず。


kakunimann (16).jpg  kakunimann (17).jpg


 ここでジェノスが攻撃態勢に入りますが、破壊後のことやそもそも破壊出来んのかと考えたりしていまいち踏み出せない感じに。そこにバングが現れて「まぁそう悩むなって。土壇場こそテキトーにやっときゃいいんだって」と・・・多分リラックスしとけみたいなことをいって後押しするのです。いってることが微妙に分かんねーけど大物感が出ている気がする。


kakunimann (18).jpg  kakunimann (19).jpg


「テキトーがベスト・・・」そういってサイタマを思い浮かべたジェノスは後先考えずに、多分想定以上の攻撃をぶち込む感じに。とにかく全力です。
 それでもなお威力は足りず、バングに「勢いが落ちてる気が! あ、やっぱ気のせいだった」と死に際のボケをかまされて毒づきつつ力尽きるのです。とりあえず今回の攻撃ならアシュラカブトも倒せたかも?


kakunimann (20).jpg


 完全終了・・・と、まさにここしかないタイミングでサイタマが出てきます! S級でもムリ・・・そんな状況でもこの男ならなんとかしてくれる! おいしすぎる。


kakunimann (21).jpg  kakunimann (22).jpg

kakunimann (23).jpg  kakunimann (24).jpg


 バングにジェノスを任せ、隕石に飛び込んでそのまま突き抜けて破壊するのです。思ったよりもかなり大きかった。破壊に際してようやくヤバさを感じてきました。


kakunimann (25).jpg  kakunimann (26).jpg


 超デカい隕石の破壊成功にバングも驚きますが、それでも破片まではどうにも出来なかった模様。まぁ、消滅よりはマシな結果じゃね?


kakunimann (27).jpg


 降り注ぐ流星の中、サイタマは「一件落着」と〆るのです。落着はしてねえぜ・・・。




 それから3日。ニュースで破壊された街の映像が流れる中、ジェノスがサイタマとメタルナイトが組めばもっと被害が減らせた・・・と悔いていました。サイタマの実力を知るジェノスとしては忸怩たる思いでしょうな。でも「そいつ自分勝手なんだろ? どうせ組まねーって。気にすんなって」とサイタマは気にしないようにいいます。つかあのロボット、操作放棄されて破片でぶっ壊れたのか逃げたのか分かんないんですが。
 そして「つか死人出なかったし被害は最小限だろ」とサイタマがいいます。ジェノスもそう認識していますが、世間的にはサイタマはZ市半壊の原因扱いされているとモノローグ。マジかよ。でも大衆はもっと上を求めるもんだし、僕でも自分に被害が出てたらそう思うかもしれん。隕石のデカさがちゃんと分かれば黙るかもしれんが。


 とりあえずこのことを伏せるジェノスは、サイタマに聞かれてランキング順位の上昇を伝えます。ジェノスがS級17位から16位に。サイタマは・・・C級342位から5位になりました。ちなみにメタルナイトも7位から6位になりました。


kakunimann (28).jpg


 この順位の上がりっぷりにさすがのサイタマも「おかしいだろ!」と驚きますが、ジェノスとしてはA級S級に上がっててもおかしくかったといいます。なんか協会がジェノスとメタルナイトが主に貢献したと評価したせいでこうなったっぽいみたいです。一応削っているだろうし2人の順位の上がり方も妥当だと思ったけど、そんなことはなかった・・・?


 そんな中サイタマが災害レベルとか・・・意味あんの? と聞いてきます。マジで講習聞いてなかったんだな。
 スネックさんに代わってジェノスの解説が入ります。ざっくりいうと・・・


虎・・・たくさんの人達がヤバい
鬼・・・街全体レベルでヤバい
竜・・・たくさんの街がヤバい
神・・・人類滅亡の危機


 みたいな感じに。今回の隕石は竜。とりあえずこれを基準にして考えると・・・竜って・・・サイタマ以外にまともに対処出来る奴いんのかよ・・・。


 そういうレベルを見て出動を決めるのが普通だとジェノスがいいますが、サイタマはそんなの気にしないといいます。「ヒーローが逃げたら誰が戦うんだよ」と。ハンマーヘッドの時は積極的に出ようとしませんでしたが、いいこと言いました。


kakunimann (29).jpg  kakunimann (30).jpg


 それに感銘を受けたジェノスは、さっそくメモを取ります。たった一言なのに何行も何ページも書いてるんですが・・・。これが脳内補正か(; ´д`)


 とりあえずこの程度でこんなにランクが上がった、といくらか気を良くした感じのサイタマは外回りに出かけます。市民の目を怖れているのかジェノスが同行しようとしますが、手柄を吸われるのを嫌ったサイタマが拒否。不安そうに見送ります。段々ジェノスの存在が癒しになってきたよ・・・。


kakunimann (31).jpg  kakunimann (32).jpg


 街を歩いて、よくいくスーパーが潰れてたり昔追い出されてムカついている大家のアパートの無事を見たりしていると、タンクトップタイガーが現れます。いきなり「インチキ野郎!」と敵意剥き出し。ん? コイツ5位だったんだっけ? 抜かれたって感じ?


kakunimann (33).jpg


 そしてさっそく兄貴分を呼び出します。その名も、タンクトップブラックホール! 多分黒いタンクトップを着ているからです。それ以外に理由が浮かばねえ。
 一気にランクアップしたサイタマに妬みと危機感を抱いているであろう2人は・・・


kakunimann (34).jpg  kakunimann (35).jpg

kakunimann (36).jpg  kakunimann (37).jpg


「街破壊したのコイツで〜す!」「コイツ街破壊したくせに調子乗ってま〜す!」みたいなことを叫び、市民の怒りをサイタマに向けて潰そうという精神攻撃に! ボコろうとしたTタイガーを制してのこの作戦、Tブラックホールは輪を掛けてクズのようです。クソ雑魚タイプなのに、かなりえげつねえやり方です。


 精神の弱った市民はまんまと煽動に乗り、サイタマに怒りを向けるのです。さらに「(ヒーロー)辞めろ!」コールを始めるTブラックホール。クズ過ぎんだろコイツ・・・。こうしてじっと黙るサイタマ・・・。


kakunimann (38).jpg  kakunimann (39).jpg


 その頃ジェノスが掲示板でサイタマへの書き込みを見ていました。なんかアーマードゴリラがたこ焼き屋をやっているみたいな宣伝も入ってますが、とにかく評判は悪いみたいです。そして立ち上がり・・・。


kakunimann (40).jpg


 その頃、罵声を浴びるサイタマをバングが見ていました。止めるのかと思いきや、自身も認めたサイタマがこんな酷い業界で腐っていくのは見たくない、と敢えて口を出さずにサイタマに任せるようです。うーん、たしかにヒーローって割にはクズが多い印象。


kakunimann (41).jpg


 そして仕上げにタンクトップらは言い掛かりでサイタマをボコろうとします。結局最後はこれかよ・・・(; ´д`)
 それを見て「欲出し過ぎだろ・・・」と呆れて帰ってしまいます。見届けないの、バング? 代わりに心配で追いかけてきたジェノスが・・・!


kakunimann (42).jpg  kakunimann (43).jpg


 そして『虎っぽい雰囲気で戦う』Tタイガーと『握力200キロで何もかも握りつぶす』Tブラックホールが戦闘に入ります。あー、意外とTブラックホールはそれっぽい理由だった。


 当然のようにぶっ飛ばされるタイガー。そして・・・


kakunimann (44).jpg  kakunimann (45).jpg


 握り返されて泣いて謝るブラックホール。負けるのは仕方ないにしても無様過ぎるだろコイツ。
「ウソついてすいませんでした〜! (´;д;`)」と醜態を晒すブラックホールですが、それを受けてサイタマは「隕石をぶっ壊したのはオレだ! 文句があるなら言えよ!」と市民に叫びます・・・が、なぜか叫んでるようには聞こえない・・・(´;ω;`)
 そして文句を言う市民に言い返すサイタマ。このまま言い争いが続くかと思いきや、ジェノスに帰宅を促されて帰ることに。
 そして「オレは先生が世間に評価されなくても付いていきます」とより尊敬が深まった感じで終。あ、最後になんかたくさんの敵影が出てきて終。





(; ´д`)ヒーローにクズが多いのか、タンクトップ兄弟? がクズなのか・・・。いまんとこクズまたは微妙なのが割合的に多い感じのヒーロー達。ラストでもなんか市民? によるヒーロー軽視のような発言が出てきたし、協会ピンチの流れか? とりあえずサイタマ、強い立場の人間が協力的になったか?
それにしても・・・クズながら、確実にTブラックホールを好きになってきている僕がいる・・・!



( ´・ω・)これを押すと管理人のやる気が上がる可能性が高いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ソバ男 at 06:30| Comment(0) | アニメ感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: